Vol.2アルコールと発毛について

こんにちは。今日はお酒と発毛の関係性について少し書かせていただきます。
普段からのアルコールとの付き合い方は人それぞれだとは思います。
飲みすぎは体に良くありませんが、飲み方次第では身体に良いということをご存知の方も多いかと思います。
適量のアルコールは身体に良いだけでなく発毛にとっても良い影響があるんですよ。

 

アルコールが身体に与える影響

【適量のアルコールが発毛に良い理由】

血液循環が良くなる
髪の毛は毛細血管を通って毛母細胞に栄養を運びますので、血液循環が良くなるとより栄養がいきどきやすくなります。
ストレスが軽減される
ストレスは血行不良を招いたり、皮脂を過剰分泌させたりと発毛の大敵です。これを和らげる効果が期待できます。

【飲み過ぎて発毛に悪影響を与える理由】

肝臓でアルコール分解にアミノ酸が使われてしまう。
髪の毛もケラチンというタンパク質で20種類以上のアミノ酸で出来ていますが、 アミノ酸が優先的に使われる箇所は【肝臓>髪の毛】となるので結果的に髪の毛がやせ細ってしまいます。

 

体に良いアルコールの量

では、実際にどのくらいの量までが身体に良いのでしょうか。
アルコールを分解できる量には個人差があるので一概には言えませんが

お酒の種類

日本酒   180ml
ビール   500ml
ワイン    200ml
焼酎     70ml
ウイスキー  60ml

と言われています。
いかがでしょうか??普段からお酒を飲まれる方からすると少し物足りない量かもしれませんね。

 

アルコール量が増えた時のおつまみ

もちろん一番良いのはこのくらいの量を守って飲むことなのですが、お付き合いでこの量以上に飲まないといけない事もあるかと思います。

そんなときにはアルコールの取り過ぎによる影響を少しでも緩和してくれる
食べ物を一緒に摂取しましょう。

たんぱく質 【肉・魚・チーズ・豆腐・枝豆など】
やビタミンB1【ネギ・ニラ・にんにくなど】
を摂取すると肝臓のアルコール代謝を助けてあげることが可能です。

もちろん水溶性珪素【Snowdrop】のアルコール分解能力もお忘れなく!!

それでは本日も良い一日を。